【TOP】練馬新築一戸建て情報 > 株式会社レンズのブログ記事一覧 > 「原野商法」の二次被害とは?防ぐための方法も解説

「原野商法」の二次被害とは?防ぐための方法も解説

カテゴリ:不動産コラム

「原野商法」の二次被害とは?防ぐための方法も解説

「あなたが所有している原野を高値で買い取ります。」などの勧誘を受けている方はいませんか?
そのような場合は、「原野商法」と呼ばれる不当取引に巻き込まれる可能性があるため、注意が必要です。
この記事では「原野商法」について、どのような商法なのか、二次被害、防ぐための方法を解説していきます。

「原野商法」とは?

原野商法とは、値上がりする見込みのない土地を「絶対に値上がりする」などと勧誘し、購入させる商法のことです。
勧誘の仕方としては、「もうすぐ道路ができる」「開発計画がある」など虚偽の説明をするなどが挙げられます。
原野商法自体は1970~1980年代に被害に遭うケースが多かった商法ですが、近年はその二次被害が多発しているのです。
具体的には、2010年までは年間500件以下だったものの、2013年以降はほぼ毎年1,000件を超えている現状です。

▼この記事も読まれています
不動産の売買契約書はなぜ必要?重要事項説明書との違いも解説

原野商法の二次被害について

近年増加している原野商法の二次被害とは、かつて原野商法の被害にあった方が、巧妙な手口によって再度被害に遭うことを指します。
具体的には、昔購入した原野を売却し、その売却額よりもさらに高い原野を購入させられるというものです。
また、「身に覚えのない業者から連絡があり、20年以上前に購入した別荘地の管理費がずっと滞納になっているといわれた」などの事例もあります。
また、一度原野商法の被害を受けた方ではなく、原野を相続した子世代が狙われるというケースもあるようです。

▼この記事も読まれています
不動産オークションとは?利用方法と流れやメリットを解説!

原野商法の被害に遭うことを防ぐための方法

原野商法の被害に遭うことを防ぐ方法は、「不審な点がある場合はすぐに相談する」ことが大切です。
原野商法の二次被害トラブルでは、契約してお金を払ってしまうと、業者が行方をくらまし、連絡がつかなくなることがほとんどです。
昔購入した原野などの買い取り勧誘を不用意に聞いてしまうと危険なため、まずは疑ってかかるようにしましょう。
そして、業者の説明がきちんと納得できるまでは絶対に契約することはせず、不審な場合はお近くの消費生活センターや不動産の専門家である不動産会社へ相談しましょう。
また、70代・80代の高齢者がターゲットにされやすいため、ご家族が一緒に見守ることも大切です。

▼この記事も読まれています
永住権なしでも住宅ローンで家を購入する方法とは?

まとめ

原野商法とは、値上がりする見込みのない原野などの土地を、虚偽の説明などによって不当に購入させる商法のことを指します。
また、かつて原野商法の被害にあった方をターゲットに、さらに不法な勧誘をおこなう二次被害も近年増加しています。
被害を防ぐためには、不審な点がある場合はすぐに消費生活センターや不動産会社に相談するだけでなく、ご家族が一緒に見守ることも大切です。
練馬で新築一戸建てなどマイホーム向けの不動産を探すなら株式会社レンズへ。
地域に根差した情報網を活かし、お客様により良い暮らしにつながるご提案をお約束しますので、ぜひお問い合わせください。


≪ 前へ|一戸建てにオートロックは後付け可能?種類や費用相場も解説   記事一覧   ホームインスペクションはいつすべき?できないケースや対処法をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る