【TOP】練馬新築一戸建て情報 > 株式会社レンズのブログ記事一覧 > 一戸建てにオートロックは後付け可能?種類や費用相場も解説

一戸建てにオートロックは後付け可能?種類や費用相場も解説

カテゴリ:不動産コラム

一戸建てにオートロックは後付け可能?種類や費用相場も解説

マイホームとして一戸建ての購入を検討している方のなかには、防犯面で不安を抱えている方も少なくないかと思います。
また、「玄関のオートロックは後付けできるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、一戸建ての玄関にオートロックは後付けできるのか、後付けできるオートロックの種類、費用相場について解説します。

一戸建ての玄関にオートロックは後付け可能?

一戸建ての住宅はオートロックが設置されていないことも多いですが、オートロックは後付けすることが可能です。
オートロックは、ドアが閉まると自動で施錠がされるため、鍵のかけ忘れによる空き巣被害を防ぐことができます。
オートロックは一般的な金属鍵とは構造が異なるため、自分で後付けするのは難しそうと思う方も少なくないでしょう。
しかし、オートロックの種類によっては自分で取り付けできるものもあります。
後付けできるオートロックの種類は多く、取り付け方法もさまざまあるため、コストやニーズに合わせて選びましょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売買契約書はなぜ必要?重要事項説明書との違いも解説

玄関に後付けできるオートロックの種類

玄関に後付けできるオートロックは、「電子錠」「電気錠」「メカニカルキー」の3つに大きく分類できるでしょう。
電子錠とは、電池を使用して施錠や解錠ができるオートロックで、暗証番号やカードキー、指紋認証などで開けるタイプが主流となっています。
電気錠は、電気配線から直接給電されて動作する仕組みとなっており、スマートフォンからの操作でも解錠することができます。
メカニカルキーとは、設置されている機械構造のみで施錠・解錠するタイプのオートロックです。
暗証番号や非接触型ICなどのメカニカルキーを設置することで、鍵を持ち歩く必要がなくなるため、紛失のリスクも減らせます。

▼この記事も読まれています
不動産オークションとは?利用方法と流れやメリットを解説!

玄関にオートロックを後付けする場合の費用相場

後付け可能なオートロックは種類も多いことから、設置する際の費用は価格差があります。
最も費用を抑えられる方法は、粘着タイプのものを自分で取り付けることですが、安価な製品はすぐ壊れてしまうものもあるため、注意しましょう。
また、基本的に電気工事が必要なタイプは、業者に依頼する必要があります。
その場合は、作業代と製品代に加えて、電気工事費用も別途必要になるため、費用がかさむことが考えられます。

▼この記事も読まれています
永住権なしでも住宅ローンで家を購入する方法とは?

まとめ

一戸建てにオートロックを後付けすることは可能で、種類によっては自分で取り付けできるものもあります。
玄関に後付けできるオートロックの種類は、大きく「電子錠」「電気錠」「メカニカルキー」の3つに分けられるでしょう。
オートロックを後付けする場合は、製品の種類によって価格が大きく異なるだけでなく、電気工事が必要な場合は費用がかさむことが考えられます。
練馬で新築一戸建てなどマイホーム向けの不動産を探すなら株式会社レンズへ。
地域に根差した情報網を活かし、お客様により良い暮らしにつながるご提案をお約束しますので、ぜひお問い合わせください。


≪ 前へ|独身で一戸建てを購入するメリットとデメリットは?物件選びポイントも解説   記事一覧   「原野商法」の二次被害とは?防ぐための方法も解説|次へ ≫

トップへ戻る