【TOP】練馬新築一戸建て情報 > 株式会社レンズのブログ記事一覧 > ホームインスペクションはいつすべき?できないケースや対処法をご紹介

ホームインスペクションはいつすべき?できないケースや対処法をご紹介

カテゴリ:不動産コラム

ホームインスペクションはいつすべき?できないケースや対処法をご紹介

中古住宅のなかにはホームインスペクションがおこなわれる場合がありますが、具体的にどのタイミングに実施するものなのでしょうか。
今回は作業をいつすべきなのか、具体的に仕組みをご紹介しています。
また、作業ができないケースや対処法にも触れているので、今後の参考にしてみてください。

中古住宅のホームインスペクションはいつすべき?

いつすべきか悩んでしまいがちな作業ですが、基本的には購入を申し込んでから契約前までの期間内がおすすめです。
契約前であれば、住宅診断の結果によっては購入を控えられます。
購入後に診断をしてしまうと、後々欠損が見つかってしまい取引を後悔する羽目になるかもしれません。
場合によっては売主とのトラブルが発生するなど、ややこしい事態になりかねないでしょう。
こうした可能性を考えると、購入前の段階でおこなうのがベストです。
もちろんいつの間にかほかの購入希望者が現れるリスクがありますが、申込金は返ってくるので心配ありません。

▼この記事も読まれています
不動産の売買契約書はなぜ必要?重要事項説明書との違いも解説

ホームインスペクションができないケース

診断をしたいと思っていても、スケジュールの都合で難しい場合もあります。
申し込みから契約まで14日程度かかるのがほとんどですが、この間に診断士が対応できない場合、契約後の実施になってしまうかもしれません。
また、すでに検査をしているのを理由に、不動産会社が検査を拒否する場合もあります。
検査がすでに実施されているなら、診断士に依頼する必要はありませんが、なかには実施していないのにも関わらず拒否する不動産会社や売主もいます。
このような場合、ホームインスペクションによって不具合が発覚するのを避けたいと考えていると予測できます。

▼この記事も読まれています
不動産オークションとは?利用方法と流れやメリットを解説!

ホームインスペクションを拒否された場合の対処法

まずは診断をおこないたい理由を明確に伝えましょう。
たとえば「安心して住みたい」「揚げ足取りのためではない」など、気持ちを明確に伝えるのが大切です。
交渉次第では、最初は拒否していた方も応じてくれるかもしれません。
もちろん診断をおこなうかは、売主の判断によって左右されます。
もしどうしても断られてしまう場合は、ほかの物件を購入するのも手です。
後々瑕疵が発覚してトラブルになるより、安心して購入できる物件を探したほうが良いかもしれません。
場合によっては不動産会社も変更したうえで、物件探しをしてみましょう。

▼この記事も読まれています
永住権なしでも住宅ローンで家を購入する方法とは?

まとめ

ホームインスペクションはいつすべきか悩んでしまいがちですが、物件購入前にするのが基本となります。
ただし、売主や不動産会社に拒否されてしまい、診断ができないケースもあるのが事実です。
万が一拒否されてしまった場合は、理由を明確に伝える、他の物件を探すなどの対処法を試してください。
練馬で新築一戸建てなどマイホーム向けの不動産を探すなら株式会社レンズへ。
地域に根差した情報網を活かし、お客様により良い暮らしにつながるご提案をお約束しますので、ぜひお問い合わせください。


≪ 前へ|「原野商法」の二次被害とは?防ぐための方法も解説   記事一覧   一戸建て住宅の探し方や情報収集の方法は?販売されている形態ごとに解説|次へ ≫

トップへ戻る