【TOP】練馬新築一戸建て情報 > 株式会社レンズのブログ記事一覧 > 増加傾向にある高齢者の不動産売却におけるトラブルとは?事例をご紹介

増加傾向にある高齢者の不動産売却におけるトラブルとは?事例をご紹介

カテゴリ:不動産コラム

増加傾向にある高齢者の不動産売却におけるトラブルとは?事例をご紹介

不動産を取り扱う業者のすべてが適切な取引をおこなっているとは言い難く、ときにはトラブルが発生します。
近年では、とくに高齢者の方が不動産売却のトラブルに巻き込まれるケースが増加しており、対策が必要です。
今回は、高齢者の方の不動産売却におけるトラブルが増加している理由やトラブル事例、トラブルを回避する方法についてご紹介します。

高齢者の方が不動産売却のトラブルに巻き込まれるケースが増加

不動産を売却するつもりがないのに強引に勧誘された、不動産売却だけでなく勝手に購入の契約を結ばされたなど、高齢者の方がトラブルに巻き込まれるケースが増加しています。
国民生活センターによると、60歳以上の高齢者の方による不動産売却トラブルの相談件数が増えています。
とくに、70歳以上の方は狙われやすい傾向にあるのです。
高齢者の方は体力が落ちており業者に対抗しにくいこと、子や孫に迷惑をかけたくないなどの心理があることを理由に、悪徳業者に目をつけられやすくなっています。

▼この記事も読まれています
不動産の売買契約書はなぜ必要?重要事項説明書との違いも解説

高齢者の不動産売却トラブルの事例

不動産売却におけるトラブル事例のなかでもとくに多いのは、玄関先での長時間の居座りです。
高齢者の方が首を縦に振るまで居座り、場合によってはその日の朝から晩まで業者がいる場合もあります。
そうなると、一刻も早く帰ってほしい心理から契約を結んでしまう場合があるのです。
また、契約内容や不動産取引に関する嘘の説明をおこない、無理やり契約を結ぼうとする事例もあります。
これは原野商法などにもつながるため、契約書の書面を確認させてくれない業者は怪しんだほうが良いです。
さらに、契約を結んで物件を引き渡してからシロアリ被害が見つかったとして、高額なシロアリ駆除費用を請求される場合もあります。

▼この記事も読まれています
不動産オークションとは?利用方法と流れやメリットを解説!

高齢者の方の不動産売却トラブルを回避するには?

不動産売却におけるトラブルを回避するためには、納得できない契約を絶対に結ばないことが大切です。
とくに、不動産を売却するつもりがないのであれば、答えを曖昧にせずはっきり断る必要があります。
「また今度」などのようにやんわり断ろうとすると、何度でも勧誘を受ける可能性が高いです。
契約内容の説明で嘘をついたり、書面を確認しないまま署名させようとしたりする業者もいるため、自分で契約内容を確認できない契約は結ばないのが無難です。
自宅などを売却してしまうと、その取引はクーリング・オフできないため、契約前の段階ではっきりと断ることが大切です。

▼この記事も読まれています
永住権なしでも住宅ローンで家を購入する方法とは?

まとめ

近年では高齢者をターゲットにした悪質な不動産業者が増加しており、トラブル件数も増えています。
本位でない契約を無理やり結ばされたり、契約内容で嘘をつかれたりと、トラブルの内容はさまざまです。
トラブルを回避するためには、契約を結ぶ前にしっかり断ることが大切になります。
練馬で新築一戸建てなどマイホーム向けの不動産を探すなら株式会社レンズへ。
地域に根差した情報網を活かし、お客様により良い暮らしにつながるご提案をお約束しますので、ぜひお問い合わせください。


≪ 前へ|一戸建てから一戸建てに住み替える理由は?手順や注意点も解説   記事一覧   土地売買における防火地域とは?準防火地域との違いなども解説!|次へ ≫

トップへ戻る