【TOP】練馬新築一戸建て情報 > 株式会社レンズのブログ記事一覧 > 不動産を購入した際に必要な都市計画税とは?計算方法や軽減措置なども解説

不動産を購入した際に必要な都市計画税とは?計算方法や軽減措置なども解説

カテゴリ:不動産コラム

不動産を購入した際に必要な都市計画税とは?計算方法や軽減措置なども解説

不動産を購入した場合、固定資産税を支払わなければなりませんが、地域によっては都市計画税と呼ばれる、追加の税金が必要となる可能性もあります。
都市計画税は固定資産税とともに、毎年支払いが必要です。
そこで本記事では、不動産を購入した際に必要な都市計画税とは何か、計算方法や軽減措置などと合わせて解説いたしますので、不動産選びにお役立てください。

不動産を購入した際に生じる都市計画税とは

都市計画税は、土地区画整理事業や都市計画事業の費用にあてるための税金であり、固定資産税と同様に、不動産の所有者が毎年支払わなければなりません。
課税対象は、市街化区域内の不動産に限定され、都市計画法に基づいて設定されています。
市街化区域とは、すでに市街地を形成している地域や、10年以内に市街化を図るべき優先的かつ計画的なエリアと定義され、都市の開発が集中的におこなわれている区域です。
気になられる方は購入する前に、検討している土地がどの用途地域に含まれるのか、自治体の窓口などに、問い合わせておきましょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売買契約書はなぜ必要?重要事項説明書との違いも解説

不動産を購入した際に発生する都市計画税の計算方法とは

計算方法は、固定資産税の評価額に制限税率の0.3%を乗じて求められるため「固定資産税評価額×上限税率0.3%」となります。
固定資産税評価額とは、土地や建物の価値を評価した額です。
固定資産税評価額は市区町村ごとに定められ、評価は通常3年に1度おこなわれ、すべての不動産が調査されます。
そのため、3年の間に、評価額が大きく変動するケースもあります。
詳しい金額が必要な場合は、自治体に問い合わせておきましょう。
また、地方税のため、具体的な税率は各市区町村によって異なります。
ただし、都市計画税の税率の上限は0.3%までと定められているため、それ以上の税率にはなりません。

▼この記事も読まれています
不動産オークションとは?利用方法と流れやメリットを解説!

不動産を購入した際の都市計画税の軽減措置とは

課税時に、特定の条件を満たす住宅用地については、課税標準の軽減措置が適用される場合もあります。
専用住宅1戸あたりの面積が200㎡までの住宅用地(小規模住宅用地)では、課税標準が3分の1に軽減されます。
小規模住宅用地以外の住宅用地は、課税標準の3分の2です。
また、軽減措置を受けるためには、住宅用の土地であり、併用住宅の場合は1/4以上が居住用である、などの要件を満たしておかなければなりません。
なお、固定資産税には土地だけでなく建物にも軽減措置がありますが、都市計画税において建物に関しては適用されないため、ご留意ください。

▼この記事も読まれています
永住権なしでも住宅ローンで家を購入する方法とは?

まとめ

都市計画税は、不動産の所有者が毎年支払う税金で、市街化区域内の不動産に対して課税されます。
計算方法は「固定資産税評価額×上限税率0.3%」で、評価額は3年ごとに見直されます。
特定の条件を満たす住宅用地については、課税標準の軽減措置が適用される場合もあります。
練馬で新築一戸建てなどマイホーム向けの不動産を探すなら株式会社レンズへ。
地域に根差した情報網を活かし、お客様により良い暮らしにつながるご提案をお約束しますので、ぜひお問い合わせください。


≪ 前へ|固定資産税の建て替え特例の要件とは?二世帯住宅の場合も合わせて解説   記事一覧   一戸建てから一戸建てに住み替える理由は?手順や注意点も解説|次へ ≫

 おすすめ物件


トップへ戻る