【TOP】練馬新築一戸建て情報 > 株式会社レンズのブログ記事一覧 > 住宅ローンの事前審査と本審査の違いは?事前審査と本審査のポイントも解説

住宅ローンの事前審査と本審査の違いは?事前審査と本審査のポイントも解説

カテゴリ:不動産コラム

住宅ローンの事前審査と本審査の違いは?事前審査と本審査のポイントも解説

住宅ローンを申し込むと、事前審査と本審査を受ける必要があります。
事前審査や本審査はどう違うのか、審査に通過できるのか、不安を抱くこともあるでしょう。
そこで今回は住宅ローンの事前審査や本審査はどう違うのか、事前審査の役割と本審査の役割もご紹介します。

住宅ローンの事前審査と本審査はどう違うの?

住宅ローンの事前審査と本審査の違いは、審査の目的にあります。
事前審査は、住宅ローン契約の申し込みがあった際に、借り入れ希望者の年収や返済計画などから金融機関が融資できるか判断する役割を担います。
事前審査への申し込みは、購入予定の物件を決め、資金計画を立てたあとであればいつでも可能であり、費用負担はありません。
一方、本審査では、物件の売買契約を締結したあとにおこなわれます。
書類を参考にしながら、事前審査よりも細かく借り手の信用や物件の評価を調査し、融資の可否を決定します。
また、審査期間も異なります。
事前審査は基本的に数日で結果が出ますが、本審査は2?4週間程度かかることが一般的です。

▼この記事も読まれています
住宅ローン残債があっても住み替えは可能?その方法や住み替えローンとは?

住宅ローンの事前審査の役割とポイント

事前審査の役割は、主に住宅ローンの借り入れを希望する方の返済能力を確認することにあります。
この審査は、物件の売買契約を結ぶ前に実施され、借り入れ希望者が住宅ローンを完済できると判断された場合に本審査へと進みます。
事前審査に提出される書類には、運転免許証や源泉徴収票、決算書など、借り手の所得や借り入れ状況がわかるものが含まれます。
また、個人信用情報の照会もおこなわれ、借り手の信用情報に不審な点がないかチェックされます。
なお、個人信用情報の照会履歴が複数になると、金融機関に与える印象が悪くなるため、事前審査を申し込む先は最大でも3行以内に抑えることがポイントです。

▼この記事も読まれています
収入合算型の住宅ローンとは?ペアローンとの違いやメリットなどをご紹介!

住宅ローンの本審査の役割とポイント

住宅ローンにおける本審査の役割は、事前審査を通過した住宅ローンの申し込みに対して、慎重に時間をかけて最終回答を出すことです。
本審査を通過することで住宅ローンが組めるため、いわば最後の砦とも言えます。
審査項目は、すでに確認済みの収入などの情報にくわえて、完済時点の年齢や家族構成、返済負担率、住宅の資産価値などが含まれます。
住宅の資産価値が低い場合、担保評価も低くなり、本審査を通過できない恐れがあります。
また、提出書類の不足や事前審査の情報との不一致がある場合も、本審査に落ちる可能性があるため、注意が必要です。

▼この記事も読まれています
定年後に住宅ローンが払えないとどうなる?払えないときの対処法をご紹介!

まとめ

住宅ローンの事前審査と本審査は、審査目的が違います。
事前審査の役割は、住宅ローンの借り入れ希望者が全額返済できるか確認することです。
一方で本審査の役割は、借り入れ希望者に住宅ローンを組めるか最終回答を出すことです。
練馬で新築一戸建てなどマイホーム向けの不動産を探すなら株式会社レンズへ。
地域に根差した情報網を活かし、お客様により良い暮らしにつながるご提案をお約束しますので、ぜひお問い合わせください。


≪ 前へ|借地権付きの家は売却できる?3つの売却方法や売却の流れを解説   記事一覧   土地探しに疲れたと感じる原因は?疲れた場合にやることやポイントをご紹介|次へ ≫

 おすすめ物件


トップへ戻る