【TOP】練馬新築一戸建て情報 > 株式会社レンズのブログ記事一覧 > 一戸建て購入後に転勤になった場合はどうする?購入のタイミングも解説

一戸建て購入後に転勤になった場合はどうする?購入のタイミングも解説

カテゴリ:不動産コラム

一戸建て購入後に転勤になった場合はどうする?購入のタイミングも解説

一戸建てを購入すると、自分の理想の住まいを実現できます。
しかし、転勤族の場合、購入した後に転勤になる可能性もあります。
そこで今回は、転勤族が一戸建てを購入するタイミング、一戸建てを購入するメリット、購入後転勤になった場合の対処法を解説します。

転勤族が一戸建てを購入するタイミング

転勤族が一戸建てを購入するタイミングは個人によって異なりますが、主に子どもが生まれたタイミングです。
子どもが生まれたタイミングで一戸建てを購入する方のなかには、「子どもを同じ環境で育てたい」という声が挙がっています。
子どもが成長する過程で引っ越しを繰り返してしまうと、何度も転校することになり、交友関係が上手く築けないでしょう。
そして、ローンの完済年齢を逆算して、購入のタイミングを決める方もいます。
たとえば、完済年齢を70歳、返済期間30年として逆算すると、40歳のタイミングで一戸建を購入する計画になります。

▼この記事も読まれています
不動産の売買契約書はなぜ必要?重要事項説明書との違いも解説

一戸建てを購入するメリットについて

一戸建てを購入するメリットは以下の3つです。
まず、早い時期の購入で住宅ローンの返済期間を短縮し、老後の負担を減らせます。
さらに、賃貸物件に住み続けても資産は残りませんが、一戸建てを購入することで資産を得ることができ、将来的な活用方法もさまざまあります。
次に、理想の家を建てることができるため、快適な暮らしを実現できます。
マンションを購入した場合は、リフォーム箇所が定まっているため、自分の理想を完全に再現できません。
しかし、一戸建てであれば自分の理想とする間取りや設備を反映できます。
さらに、土地も所有することで、将来的に建物の価値がなくなっても、土地の資産価値の増加が期待できます。

▼この記事も読まれています
不動産オークションとは?利用方法と流れやメリットを解説!

一戸建てを購入後転勤になった場合の対処法

一戸建てを購入後に転勤になった場合、以下の3つの方法が考えられます。
まず、自宅を賃貸に出す方法です。
需要の高いエリアであれば安定した家賃収入が得られ、転勤後も住宅ローンの返済に追われることはないでしょう。
しかし、管理やトラブル対応などの手間や経費がかかります。
次に、家を空き家にする方法も挙げられます。
手間がかからない点がメリットですが、劣化が早まり、固定資産税などの維持費を支払い続ける必要があるので注意しましょう。
最後に、単身赴任する方法では、早期劣化の心配はありませんが、家族との別居や生活環境の変化が考えられます。
それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、状況に応じて適切な対処が求められます。

▼この記事も読まれています
永住権なしでも住宅ローンで家を購入する方法とは?

まとめ

転勤族が一戸建てを購入するタイミングは個人によって異なりますが、おもにローンの完済年齢に応じたタイミングや子どもが生まれたタイミングなどです。
一戸建てを購入するメリットは、早い時期の購入で住宅ローンの返済期間を短縮できること、理想の家を建てることができることです。
そして、一戸建て購入後、転勤になった場合は、自宅を賃貸に出したり、家を空き家にしたり、単身赴任したりする方法があります。
練馬で新築一戸建てなどマイホーム向けの不動産を探すなら株式会社レンズへ。
地域に根差した情報網を活かし、お客様により良い暮らしにつながるご提案をお約束しますので、ぜひお問い合わせください。


≪ 前へ|土地売買契約の流れは?必要な書類についても解説!   記事一覧   一戸建ての購入で後悔しない方法とは?失敗事例や対策方法もご紹介|次へ ≫

 おすすめ物件


トップへ戻る