【TOP】練馬新築一戸建て情報 > 株式会社レンズのブログ記事一覧 > ~焼肉ダイニングワンカルビ~

~焼肉ダイニングワンカルビ~

カテゴリ:宮部
緊急事態宣言のときよりも激しく患者が増えているコロナ禍の中、
せっかくの夏休みも旅行もレジャーもあまり楽しめなさそうです。

弊社のコロナ対策は川田さんのブログにまとめられていますので、
是非ご一読頂き安心してお問い合わせ頂ければ嬉しいです。


しかしせめてソーシャルなディスタンスを取れるお店での外食くらいは
楽しみたいですよね。
(行きたかったお店、好きだったお店が続々閉店になっているのが
 悲しいので、控え過ぎるのも心配です。)

ということで「早い時間なら空いているよー」と教えてもらった焼肉店、
ワンカルビ花小金井店 へ行って参りました。

花小金井ワンカルビ


新青梅街道沿い、多摩六都科学館や、
田無タワーの名で親しまれているスカイタワー西東京の近くです。

花小金井ワンカルビ:駐車場看板


駐車場は134台分もあるので是非お車で。
というより徒歩だと駅から結構遠いので厳しいです(・Θ・;)

大阪発の人気焼肉店、東京には現在花小金井店のほかに、
立川日野橋店と青梅店の計3店があります。
関東に進出してきたのは今年、2020年の4月だそうです。

このお店の何がすごいってそのコストパフォーマンス!!!
大阪発、で想像するよりもさらに上を行くコスパの良さ!!

ちなみにこちらのお店はテーブルオーダーバイキングなので、
自分で取りに行くスタイルだと衛生面が心配な方も安心です。

コースメニューは以下の3つです。


牛塩タンコースは置いておいて、、、
国産牛焼肉食べ放題コースと、焼肉食べ放題コースの間に、
600円位の差があるのですが、是非メニューを見比べてみてください。
たった600円でおかしいくらいレベルアップします(笑)

しかも年齢によりさらにお安くなるんです

ワンカルビ:年齢差


主人と出かけたのですが、主人は50歳代のミドルに該当するので、
私の3倍以上食べる主人だけ割引が利きました(笑)

さていよいよ注文します。
注文はテーブルに置いてあるタブレットからになります。

写真を撮り忘れましたが、座席も背もたれがかなり高く、
お隣の席の人の顔は全く見えません。
店にいる間は同じ席の家族とだけ顔を合わせていられるので、
こんなご時世でも安心です

焼肉屋さんでは基本的に塩タンとカルビがあれば満足できる私は
まず塩タンをジュージュー。

花小金井ワンカルビ:塩タン


こういう薄くて形を整えてあるタンが大好物なので嬉しかったです♪

次に社長からめちゃくちゃオススメだと聞いていたステーキ類を。

<サガリステーキ~トリュフ香る贅沢ソースで~>

花小金井ワンカルビ:サガリステーキ~トリュフ香る贅沢ソースで~


いやおかしいでしょう!と言いたくなるこの厚みとお肉のクオリティ。
白トリュフソースも味わい深く、なんでこんな美味しいステーキが、
食べ放題にあたりまえの顔で載っているのかと思います。

<花小金井ワンカルビ:厚切上ロースステーキ>

花小金井ワンカルビ:厚切上ロースステーキ


手元がブレた写真しか残っておらず申し訳ありません・・・
これも普通に美味しく頂けるロースステーキでしたよ!
ハサミで切って頂きました♡
この2つを注文後、主人は延々とステーキをお代わりし続けました(笑)

写真を撮り忘れてしまいましたが、サイドメニューも豪華です。
ナムル盛り合わせ、くせになるキュウリ、チシャ菜(サンチュ)など、
いろいろ注文しましたが、
焦がしにんにく香る石焼ガーリックライスだけは数人で取り分ける大きさ。
お肉をたくさん食べたかったら要注意です(・・;)

デザートも1品注文できるので私は定番メニューにあったこちらを注文。

<桃とマンゴーのチーズクレープガレット>

花小金井ワンカルビ:デザートも1品注文できるので私は定番メニューにあった、桃とマンゴーのチーズクレープガレット


ガレットっぽさはあまりなかった気がしますがフルーツたっぷりで美味
デザートもとってもこだわっているので、
是非余力を残して注文したいですね。

このお店は既に大人気店なので、
予約しないとずーっと並ぶ可能性があります。
こちらのサイトで15分単位で予約できるので、
予約してから出かけた方が安心ですよ♪

18時を過ぎると一気に混むからと社長にすすめられた時間は17:30、
休日に17:30で予約して行きました。
待合席には誰もいなかったので、やはりこの時間だと空いているようです。
空いている時間を狙って是非食べに行ってみてください

-----

昨年亡くなった私の祖母は長年油絵と書道を嗜んでいたのですが、
現在大量の作品の処分に困っております。

油絵


既に大分処分したのですが、こういう山がまだ4つ程あり、
親戚で気に入ったものを引き取るために見比べつつ悩んでいました。
私が子供のころから気に入っていたものは叔母も気に行っていたり、
私を描いた絵は晩年変にいじって原型を留めていなかったり(笑)

書


こういう書もカッコいいのですが飾り場所があるような家に
誰も住んでいないという悲しさ(笑)

そういえば祖父は結構自分でリフォームをしていたらしく、
50年以上昔にウォークインクロゼットのはしりのようなものを
つくっていました。

ウォークインクロゼット


普通の収納だと思っていたら奥がウォークイン書棚になっていてびっくり。

なんでももったいなくなってきてしまった母が実家にどんどん持ち帰り、
実家にまだある私の部屋が絵で埋まっているようですが。
気持ちは分かるので好きにさせておこうと思います(*v.v)。

≪ 前へ|魚秀 禅   記事一覧   夏の始まり始まり~|次へ ≫

タグ一覧

宮部 慈子 最新記事



宮部 慈子

主に総務と広告入稿を担当しております。お客様のご都合や好みに合う物件と出会えるよう、物件の魅力をしっかりお伝えしていければと努めております。引越し先の周辺環境など気になるポイントも、できるだけスペースに盛り込んでいければと思います。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


トップへ戻る